クラゲは痛い

夏の海で泳いでいると「ピリピリ?」という刺激を感じて肌が腫れてしまった、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。これこそ憎っくき「クラゲ」の仕業、俗に言う「クラゲに刺された」という結果です。クラゲは浮遊生活をしていますので、側に寄って来た何かを敵と感じ刺します。

クラゲよけローションは効くのか

最近話題のクラゲよけローションですが日焼け止めにも効果があるんですね。ものによっては日焼け止めローションとして売っています。
で実際のところクラゲには効果があるのかというと、かなり多めに塗れば効果は確実にあります。夏休みの終わりに近づけば海にはかならずクラゲがいます。いまから対策をとっておきたいですね。刺されてからでは遅いです。クラゲに刺されると1日中痛いですからね。

クラゲよけの仕組み

クラゲは浮遊生活をしているので側に寄ってきた何かをエサや敵と感じ攻撃する(刺す)習性があります。ところが、クラゲ、サンゴの周りには彼らの毒を利用して身を守ったり食べ溢しなどをエサとして生活している魚がいる事が確認されています。
どうしてその魚(クラウンフィッシュ)は彼らの餌食にならないのか?実はその魚は仲間だと思わせる特殊な成分を分泌しているのです。
その特殊な成分を、クラゲよけローション「SAFE SEA」に応用したとのこと。「SAFE SEA」はクラゲを寄せ付けないものではなく、クラゲが寄ってきても仲間と認識させ、クラゲの攻撃を受けない、または受けても攻撃を軽減させるというものなのです。

スポンサードリンク